カンボジアについて

カンボジアの気候

北緯11~15度にまたがり、熱帯に属し、モンスーン気候帯に属し、5~10月が雨季(暖かく湿った南西の季節風)、11~4月が乾季(乾いた北東風)です。降雨のピークは9月(海岸地域は8月)。雨季にはタイ湾からの風で気温は22℃まで下がり、乾季には北東風で40℃まで上がり、プノンペンでは、年間平均気温が27℃、乾季と雨季の境目の4月が最高気温(25~35℃)で、乾季の11月に最低気温(23~30℃)になります。
常夏で多湿ですが、シンガポールのように空調設備が整っているので、居住環境は快適です。

カンボジアの経済

IMF(国際通貨基金)によると、2011年のカンボジアのGDPは128億ドルで、一人あたりのGDPは851ドル。いまだ開発途上国に位置付けられていますが、実質経済成長率において、アジアではモンゴル・中国に次いで第3位に浮上しており、今後きわめて有望視されています。主要産業は農業・漁業・林業。近年は観光産業と縫製産業が成長し、海外投資も大きな伸びを示しており、通貨はリエルの為替レートが高く、輸出に不利なので、一部を除いては通常米ドルが使用されます。カンボジア製の衣類は日本にも2000年代以降多く輸出され始めており、ユニクロの子会社であるジーユーが販売している一本990円という低価格のジーンズなどがカンボジア製です。今後は人件費の安さなどを武器とし、経済成長の緒についていると言えます。

現在、中国が経済進出し、カンボジア首相府のビル建築や南部シアヌークビルのインフラ整備にも多額の資金援助を行っており、また、中国以上にカンボジアに影響力を拡大している韓国は、首都プノンペンに42階建ての高層ビルを建築し、プノンペン郊外に20億ドル規模の新興都市を建築中です。多くの韓国企業がカンボジアに進出するとあって、現在カンボジアでは韓国語ブームが起き、プノンペンだけで17の私立韓国語学校が存在しています。
一方、ソフト面でのインフラと言うべき法律分野における法整備支援では、民法及び民事訴訟の起草や裁判官、弁護士の人材育成を支援する日本の貢献が高く、日本人に対する好感度が高い国と言えます。

J・P・Cジャンケットの詳細

資料請求フォームへ

夢のカジノ体験ができるJ・P・Cジャンケットについての詳細資料をお送りします。
ご希望の方は、上記ボタンよりお申し込みフォームへ進んでいただき、資料をご請求ください。
資料請求には一切費用はかかりません。また、資料請求段階では、お申し込み完了ではありません。
ご質問・ご不明点なども含めて、お気軽にお問い合わせください。
[お問い合わせはE-mail:info@titan-jpc.jpまで]